1. ホーム
  2. マックスフィールズとは

about us マックスフィールズとは

<理念>

豊かな人づくりとイノベーションで未来を拓き、社会に貢献する。

<ビジョン>

人材関連サービス事業でナンバーワンイノベーション企業となる。


好きなことで輝く自分デザイン


これから日本はどうなっていくのか?将来が不安だ?不確実の時代になった? などと、皆さんはよく耳にしませんか。確かにIT、ネット、SNSの進化であらゆる業界のシステムが変わり、 同時に人口、労働力減少に少子高齢化と社会基盤も激変してきています。 しかしながら、いつの時代にも不確実性や不安、政治や社会問題も同じようにありました。

弊社は人材関連サービス事業を通じ、一人ひとりが自身のコンパスをしっかり持ち、夢中になれるものを探し、 楽しみながらやり遂げられる「自分だけのもの(スキル)を習得できる」サポートとステージづくりをしてきます。



どうあるべきか


AIやITの導入で生産性の向上と業務の効率化が一段と進み、私たちの今の仕事がAIなどに代わることは真摯に受け止めなければなりません。

しかし、私たちはどんな苦難の時も、たゆまぬ研究や技術革新、新しい仕組みの構築などで時代のニーズに応える産業を創り出してきました。 今こそ「人でしかできない、人間らしさを存分に生かす」そういう環境に入り込む絶好の機会。もっと高い付加価値とやりがいのある仕事に巡り合うチャンスです。

そのためにも日頃からスキルトレーニングし人財としてのアビリティーを今まで以上に高め、グローバル人材となり大きく活躍できるそんな場所を皆さんと作っていきたいと考えています。



働きかた


今後、ITやネットの進化で国内の仕事の海外移管が加速する時代がきており、働く形が大きく変わっていくと考えます。 日本の働き方は工場型のモデルです。モノづくりの企業であれば良いのですが、日本の産業の70%を占めるサービス業務では工場型は合いません。 また、働き方改革も近々実施されても、働き方を決めるのは国でも雇用主でもありません。働く本人自身が目的を決め、どの働き方が自分にとり一番かを決める事です。

弊社は個々の目的に合わせた「働き方」を目指し、「多様性」と「柔軟性」で時間、賃金、契約ステイタスなどを決めていきます。



株式会社マックスフィールズ
代表取締役
落合 直樹



マックスフィールズグループ紹介